男性の大敵"若ハゲ"を予防しよう!

心のケア

自分が思っているほど周りは気にしていない

 

若ハゲで悩んでいる人に限らない話ですが、コンプレックスというものは本人が過剰に反応している場合がよくあります。「自分がハゲているのを馬鹿にしている」や「自分はハゲているから魅力的じゃないんだ」などです。 はげで悩んでいる人はこんなことを聞かされても、心は晴れないと思いますが、ハゲていても魅力的な人はたくさんいます。特に外国の俳優さんの中にはとてもカッコいい人達がいると思いませんか?
ニコラス・ケイジやブルース・ウィルスは、とても魅力的な人物だと思います。日本人で言えば、志村けんさんなんかはどうでしょう? はげを治す努力をする一方で、必要以上にはげを嫌悪せずに、自分を魅力的にみせる努力も必要なのではないでしょうか。

 

フサフサになることを目指さない

最近の研究ではげの原因や治療法はかなり詳しくなってきましたが、ひとつ心にとどめておいてほしいことがあります。それは「フサフサになることを目指さない」ということです。 はげというのは、ある程度、年齢をとるにつれて進行していくものです。様々なはげの治療をこなして、生活習慣を改善したとしても、髪の毛を完全な状態に回復するのは難しいものです。完璧なはげの治療薬があれば、ノーベル賞がとれると言われているぐらいですからね。
若ハゲを治療していくなかで、どこで自分を納得させるか、どうやって折り合っていくのかが大事になってくると思います。

 

マスコミに踊らされない

最近では、マスコミや雑誌の広告などで、はげで悩んでいることはいけないことだ!というような風潮があると思いませんか。テレビのコマーシャルでも必要以上にはげを治療することをあおっているような気がしてなりません。 はげは悪いことではありません!断言しておきます。大切なのは自分の価値観なのです。自分の容姿や性格をどう思うかは、自分で決められるのです。他人が決定権をもっているのではありません。 はげという理由で、自分に接する態度を変える人は、それだけの関係だったということです。本当の友人だったら容姿を気にしたりしませんよね。 はげだからといって不幸になるわけではありません。もっと広い目で周りをみてください。世界にはもっと深刻なことで悩んでいる人が大勢います。

 

最後にある人の言葉を紹介します。
「私は足がない人を見るまで、靴がないことを嘆いていました」